FC2ブログ
第32回管理栄養士国家試験 問題32 平成30年3月4日(日)
第32回管理栄養士国家試験 問題32 平成30年3月4日(日)

32 ホルモンの構造と作用機序に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  (1) ドーパミンは、ペプチドホルモンである。
  (2) インスリンは、細胞膜を通過して作用する。
  (3) チロキシンは、細胞膜にある受容体に結合して作用する。
  (4) アドレナリンは、核内受容体に結合して作用する。
  (5) cAMP(サイクリックAMP)は、セカンドメッセンジャーである。

(1) ドーパミンは、中枢性の神経伝達物質であり、一般的にはホルモンではありません。また、カテコールアミンの一種であり、ペプチドではありません。よって誤文です。どこかでおかしいと気づきたいところです。

(2) 誤文です。インスリンは、ペプチド(あるいはたんぱく質)ホルモンです。したがって、標的細胞の細胞膜を通過せず、その細胞膜上にある受容体に結合して、作用を発揮します。

(3) 甲状腺ホルモンであるチロキシン(T4)やトリヨードチロニン(T3)は、標的細胞の細胞膜を通過し、その核に存在する受容体に結合して、遺伝子の発現を制御します。「甲状腺ホルモンは、核内受容体に結合する」というのは、国試頻出項目の一つですので、しっかりと覚えておきましょう。

(4) アドレナリンは、標的細胞の細胞膜表面にある受容体に結合して、その作用を発揮します。よって誤文です。

(5) 正文です。cAMPは、代表的なセカンドメッセンジャーです。たとえば肝細胞にグルカゴンが作用する時、グルカゴンは肝細胞膜表面の受容体に結合し、この刺激が細胞内でのcAMPの急速な合成を促し、次いでグリコーゲンの分解が誘導されます。このように、プライマリーメッセンジャー(一次メッセンジャー)であるホルモンの情報を細胞内で伝達するcAMPのような物質を、セカンドメッセンジャー(二次メッセンジャー)と言います。ついでに、ATPからcAMPを合成する酵素であるアデニル酸シクラーゼ(アデニレートシクラーゼ)と、cAMPを5’-AMPに分解する酵素であるホスホジエステラーゼの名称を思い出せると、なお安心です。




答えは(5)です。
生化学Ⅰ定期試験 (2018年8月1日,1時間目実施) の正答
生化学Ⅰ定期試験(2018年8月1日,1時間目実施)の正答

問題1・・・3   (4点)
問題2・・・1   (4点)
問題3・・・各2点
問題4・・・各2点
問題5・・・5   (4点)
問題6・・・1   (4点)
問題7・・・各2点
問題8・・・2   (4点)
問題9・・・各2点
問題10・・・各2点
問題11・・・5   (4点)
問題12・・・各2点
問題13・・・2   (4点)
問題14・・・各2点
問題15・・・2   (4点)
問題16・・・4   (4点)
問題17・・・各2点
問題18・・・各2点
問題19・・・各2点
問題20・・・2   (4点)

[備考]
1.この筆記試験の得点に、出席点(20点満点)が加算されます。

2.試験の翌日(8月2日)以降は、可能な範囲でいつでも得点の照会に応じます。

3.試験問題に疑問がある場合や解説が必要な場合は、可能な範囲でいつでも質問等に応じます。

4.採点済みの解答用紙は、後期「生化学Ⅱ」の最初の授業で返却します。(万一採点ミスがあった場合は、その後でも修正可能です。)


第32回管理栄養士国家試験 問題20 平成30年3月4日(日)
第32回管理栄養士国家試験 問題20 平成30年3月4日(日)

20 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  (1)ミカエリス定数(Km)が小さいほど、酵素と基質の親和性が低い。
  (2)アポ酵素は、単独で酵素活性をもつ。
  (3)化学反応における活性化エネルギーは、酵素によって低下する。
  (4)酵素の反応速度は、至適pHで最小となる。
  (5)律速酵素は、代謝経路で最も速い反応に関与する。

(1) ミカエリス定数(Km値)は、最大反応速度(Vmax)の2分の1の反応速度を与える基質濃度と定義されます。したがって、この値が小さければ小さいほど、酵素が基質で飽和されやすいことを示します。すなわち、この値が小さければ小さいほど、酵素と基質の親和性は大きいことになりますので、これは誤文です。国試では時々問われる内容ですので、しっかりと覚えておきましょう。

(2) 酵素の本体はタンパク質(糖タンパク質)ですが、タンパク質だけでは活性を示さず、活性を発揮するためには補酵素や金属原子などの非タンパク質成分を必要とする酵素も存在します。このような酵素において、酵素本体と補酵素や金属原子などとが複合体を形成したものをホロ酵素といいます。このホロ酵素のタンパク質部分のことをアポ酵素といいますが、アポ酵素単体では一般に活性をもちません。よって誤文です。

(3) 正文です。酵素に関わる問題の中で、定番中の定番の記述です。「酵素は活性化エネルギーを低下させることによって、化学反応速度を高める」ことを、しっかりと確認しておきましょう。

(4) 逆です。酵素反応速度は至適pHで最大となります。酵素反応速度が最大となるpHを至適pHといいますので、当然ですね。

(5) これも定番の記述です。絶対に覚えておきましょう。律速酵素とは、一連の代謝経路の中で最も遅い反応を触媒する酵素のことをいいます。律速酵素は、生体内におけるフィードバック制御に関わっていたり、その代謝系を人為的に抑えるための薬剤の作用点になっていたりしますので、重要性が高い場合が多いです。




答えは(3)です。
生化学Ⅰ模試 (2018年7月4日実施) の正答
生化学Ⅰ模試 (2018年7月4日実施) の正答

問題1・・・4   (4点)
問題2・・・1   (4点)
問題3・・・3 (各2点)
問題4・・・5 (各2点)

第32回管理栄養士国家試験 問題19 平成30年3月4日(日)
第32回管理栄養士国家試験 問題19 平成30年3月4日(日)

19 脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  (1)ドコサヘキサエン酸は、中鎖脂肪酸である。
  (2)アラキドン酸は、n-3系脂肪酸である。
  (3)ジアシルグリセロールは、複合脂質である。
  (4)胆汁酸は、ステロイドである。
  (5)スフィンゴリン脂質は、グリセロールを含む。

(1) ドコサヘキサエン酸は、中鎖ではなく長鎖脂肪酸です。脂肪酸の炭素数が6あるいは8個のものを中鎖脂肪酸といいます。炭素数10以上のものは長鎖脂肪酸に分類されます。ドコサヘキサエン酸は炭素数が22ですので、完全な長鎖脂肪酸です。

(2) アラキドン酸は、n-3ではなくn-6系脂肪酸です。脂肪酸のメチル末端から数えて6番目の炭素に初めて二重結合があります。n-6系列として、必須脂肪酸であるリノール酸からアラキドン酸が生合成されることも思い出しておきましょう。

(3) ジアシルグリセロールは、グリセロールと脂肪酸のみから構成される脂質です。よって、単純脂質です。単純脂質と複合脂質の分類は、国試頻出項目ですので、しっかりと覚えておきましょう。

(4) 正文です。コール酸やデオキシコール酸などの胆汁酸は、ステロイド骨格をもったステロイド化合物です。肝臓でコレステロールから合成されます。

(5) グリセロールを含むリン脂質は、グリセロリン脂質です。スフィンゴリン脂質は、スフィンゴシンを含みます。




答えは(4)です。