第30回管理栄養士国家試験 問題21 平成28年3月20日(日)
21 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) 反応速度は、至適pHで最小となる。
 (2) 酵素と基質の親和性は、ミカエリス定数(Km)が大きいほど高い。
 (3) アポ酵素は、単独で酵素活性をもつ。
 (4) 乳酸脱水素酵素には、アイソザイムがある。
 (5) 化学反応における活性化エネルギーは、酵素によって増大する。




(1) 至適pHというのは、酵素が最もよく働くpHのことです。したがって、反応速度は至適pHで最大になります。ついでに、ペプシンの至適pHが1~2、トリプシンの至適pHが8前後であることも思い出しておきましょう。

(2) 逆です。酵素と基質の親和性が大きいほど、ミカエリス定数(Km)の値は小さくなります。生化学が苦手な人は、これをこのまま暗記しておきましょう。ゆとりがあれば、ミカエリス定数(Km)とは、最大反応速度(Vmax)の1/2を与える基質濃度であるということも思い出しておきましょう。

(3) 酵素の中には、酵素たんぱく質単独では活性を示さず、補酵素や金属原子などの補因子を伴って初めて活性を示すものがあります。このとき、酵素タンパク質と補因子との複合体をホロ酵素といいます。このホロ酵素のたんぱく質部分のことをアポ酵素といいます。したがって、ホロ酵素は酵素活性をもちますが、アポ酵素単独では酵素活性を示さないことになります。

(4) 乳酸脱水素酵素(LDH)には、5種類の主要なアイソザイムの存在が知られています。よって正文です。これらのアイソザイムは心臓や肝臓など、それぞれ異なる臓器中に存在しています。そのため、血液中のアイソザイムパターンを調べることによって、それぞれの臓器の疾患の有無を推測することができます。ちなみに、アイソザイムは国試頻出項目の1つですので、その意味を確認しておきましょう。簡単に言えば、「アイソザイムとは、同じ化学反応を触媒するが、構造の異なる酵素のこと」です。(厳密な定義はもう少し長くなりますが、国試対応ではこの程度で大丈夫だと思います。)

(5) 逆です。活性化エネルギーは、酵素によって低下します。そのため、体温程度の低い温度でも化学反応がスムーズに進行します。この問題は、国試に頻出しますので、必ずわかるようにしておきましょう。




答えは(4)です。
第30回管理栄養士国家試験 問題20 平成28年3月20日(日)
20 核酸の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法には、プライマーが必要である。
 (2) プロモーターは、mRNAの移動に必要である。
 (3) rRNA(リボソームRNA)は、脂肪酸を運ぶ。
 (4) イントロンは、たんぱく質に翻訳される。
 (5) DNA分子中のシトシンに対応する相補的塩基は、アデニンである。



この問題では、(1)を正文として選ぶのが、ややむつかしいかもしれません。ただ、(2)~(5)が比較的わかりやすい誤文ですので、削除法でも解けると思います。

(1) 正文です。まず、PCR法とは何かがわかっているかどうか、確認しましょう。PCR法とは、微量のDNAを半日程度で100万倍に人工的に増やすことができる技術です。分子生物学の研究や遺伝子診断、親子鑑定、犯罪捜査時のDNA鑑定など、様々な分野で応用されています。このPCR法では、DNAを複製するためのDNAポリメラーゼ(耐熱性)という酵素と、その複製を開始させるための、人工的に合成されたプライマーという核酸断片が必要です。

(2) プロモーターは、遺伝子の上流域に存在し、遺伝子の発現に関与する領域です。mRNAの移動に関与しているという報告はありません。

(3) rRNAは、リボソーム(たんぱく質合成の場)の主要な構成成分です。脂肪酸を運ぶような機能は報告されていません。意図のわかりにくい誤文ですが、もしかするとアミノ酸を運ぶtRNA(転移RNA)との勘違いをねらったものかもしれません。

(4) 遺伝子の中の、たんぱく質に変換される領域は、イントロンではなくエキソン(エクソン)です。

(5) シトシンと相補的塩基対を形成する塩基は、グアニンです。これは高校の生物基礎のレベルですね。




答えは(1)です。
第30回管理栄養士国家試験 問題19 平成28年3月20日(日)
19 脂肪酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) パルミチン酸は、不飽和脂肪酸である。
 (2) エイコサペンタエン酸は、アラキドン酸と比べて炭素数が多い。
 (3) β酸化される炭素は、脂肪酸のカルボキシ基の炭素の隣に存在する。
 (4) オレイン酸は、ヒトの体内で合成できる。
 (5) トランス脂肪酸は、飽和脂肪酸である。




この問題では、すぐに(4)を正文と見抜きましょう。そうすれば、少しやっかいな(2)や(3)で迷わなくて済むと思います。

(1) パルミチン酸は、炭素数が16の代表的な飽和脂肪酸です。これは覚えておきましょう。

(2) エイコサペンタエン酸もアラキドン酸も、どちらも炭素数は20です。

(3) β酸化を受けるのは、カルボキシ(ル)基の2つ隣の炭素です。カルボキシ(ル)基の隣からα、β、γ・・・となります。

(4) 正文です。体内で全く合成できない脂肪酸は、リノール酸とα-リノレン酸だけでしたよね。これさえ思い出せれば、すぐに正文と判断できます。(ちなみにオレイン酸はステアリン酸にデサチュラーゼ(不飽和化酵素)が作用することにより、生合成されます。

(5) トランス脂肪酸とは、炭化水素鎖中の二重結合がトランス型(シス型ではなく)の脂肪酸のことです。飽和脂肪酸だと炭化水素鎖中に二重結合がないので、おかしいですね。飽和脂肪酸ではなく、不飽和脂肪酸です。




答えは(4)です。

第30回管理栄養士国家試験 問題18 平成28年3月20日(日)
18 ヒトの細胞と組織に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) 心筋は、平滑筋である。
 (2) 食道は、重層扁平上皮に覆われている。
 (3) ミトコンドリアでは、解糖が行われる。
 (4) 核小体では、tRNA(転移RNA)が合成される。
 (5) 脂肪細胞は、ヒスタミンを放出する。




(1) 筋組織は骨格筋、平滑筋、心筋に分類されます。そのため、「心筋は平滑筋」というのはおかしな表現です。なお、横紋筋と平滑筋に分類する場合は、骨格筋と心筋が横紋筋です。また、随意筋と不随意筋に分類する場合は、骨格筋が随意筋で、心筋と平滑筋が不随意筋です。

(2) 正文です。これがきちんと選べるようにしておきましょう。食道は、普段はつぶれていますが、物を飲み込むときだけ食塊に押されて拡張します。そのため、嚥下時には食道粘膜表面が食塊によって強くこすられます。この機械的刺激に耐えられるよう、厚い重層扁平上皮に覆われています。

(3) 解糖系はミトコンドリアではなく、細胞質ゾルで進行する反応系です。

(4) tRNA(転移RNA)は、その遺伝子の情報をもとに核内で合成されます。

(5) ヒスタミンは、肥満細胞などから分泌されます。脂肪細胞ではありません。




答えは(2)です。
第30回管理栄養士国家試験 合格発表
本日5月10日は、第30回管理栄養士国家試験(3月20日実施)の合格発表がありました。
私はWebで確認しましたが、午後2時40分ごろに発表されましたね。午後2時ちょうどから、合格発表が掲載されるまで、何度もF5キーでリロードを繰り返しました。

今年の問題は五肢択二問題が33問に増えるなど、昨年の問題よりも難しくなったと感じていましたが、やはり管理栄養士養成施設(新卒)全体の合格率は、昨年の95.4%から85.1%まで下がっていました。本学の合格率は大学の公式発表があるまで伏せさせていただきますが、相対的にはこれまでの4年間で最高と言えると思います。

合格された卒業生の皆様、改めましておめでとうございます。それぞれの職場での一層のご活躍をお祈りいたします。

厚生労働省による問題の精査によって、全員が正解となった問題が1問と、除外された問題が1問ありましたので、3月の自己採点では不合格と思ってあきらめていた人で合格になった人もいるはずですね。幸運と言えば幸運ですが、この与えられたチャンスを生かせるように、これからも学び続けて不足していた知識を補うよう、努力してほしいと願っています。

残念ながら不合格だった皆さんは、また来年の受験に向けて努力を重ねてください。残念な思いが大きいこととは思いますが、栄養士として今できることに力を注いでください。今後の支援につきまして、近いうちに国家試験対策委員から連絡をさせていただくことになると思います。

卒業生の皆様のご活躍をお祈りしています。