FC2ブログ
第33回管理栄養士国家試験 問題18 平成31年3月3日(日)
第33回管理栄養士国家試験 問題18 平成31年3月3日(日)

18 ヒトの細胞の分裂と分化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) 受精卵は、多能性を有する細胞である。
 (2) 胚性幹(ES)細胞は、分化した細胞である。
 (3) 細胞の染色体数は、減数分裂により46本になる。
 (4) 体細胞分裂は、細胞周期の間期に起こる。
 (5) 体細胞のテロメアは、細胞分裂に伴って伸長する。



(1) 多能性とは、多様な細胞に分化することができる性質のことです。たとえばiPS細胞は、神経細胞や心筋細胞、骨髄幹細胞などに分化させることが可能なため、多能性をもっていると言います。受精卵は細胞分裂を繰り返し、体を構成するありとあらゆる細胞のもとになりますので、明らかに多能性をもっています。よって正文です。(受精卵は全能性をもっているため、厳密には「多能性」という言葉は使いません。拡大解釈して「全能性も多能性の一種」と考えて、ぎりぎり正文といったところでしょうか。)

(2) 胚性幹細胞(ES細胞)は、胚に由来する未分化な細胞から作製された、多能性をもった細胞です。したがって、「分化した」というのは間違っており、誤文です。

(3) ヒトの体細胞の1個の核に含まれる染色体数は、23対46本です。減数分裂が起きると、これが半分になりますので、23本になります。減数分裂は生殖細胞形成時に起きる分裂で、そのため卵や精子に含まれる染色体数は23本になります。受精によって両者が合わさって、23対46本に戻る仕組みです。よって、「46本」ではなく「23本」です。

(4) 高校の生物基礎レベルの問題です。細胞周期は細胞が分裂する「分裂期」とそれ以外の「間期」に分けられます。よって、分裂が起きるのは「分裂期」であって「間期」ではありません。もしもゆとりがあるようなら、間期はさらにG1期、S期、G2期に分けられることも思い出しておくと、なお良いでしょう(ここまで国試で出題された例はありませんが)。

(5) テロメアは細胞分裂にしたがって短くなりますので、誤文です。これは覚えておきましょう。テロメアは、細胞の寿命や老化と関連があるものと目されており、注目されています。


答えは(1)です。
第33回管理栄養士国家試験の合格発表がありました.
本日(平成31年3月29日)午後2時に、厚生労働省より、第33回管理栄養士国家試験(平成31年3月3日実施)の合格発表がありました。
受験者全体としての合格率は60.4%。管理栄養士養成施設の新卒者の合格率は95.5%でした。
気になる駒沢女子大学の合格率は、どうやら全国平均の95.5%をわずかに上回ったようです。公式発表は、駒沢女子大学の公式ホームページで近日中に行います。

合格した卒業生の皆さん、おめでとうございました。
残念ながら不合格だった皆さんは、ぜひ来年度の受験に向けて頑張ってください。
第32回管理栄養士国家試験 問題80 平成30年3月4日(日)
第32回管理栄養士国家試験 問題80 平成30年3月4日(日)

80 血液中のカルシウム濃度の変化とその応答に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  (1) カルシウム濃度が低下すると、カルシトニンの分泌が高まる。
  (2) カルシウム濃度が低下すると、活性型ビタミンDの産生が高まる。
  (3) カルシウム濃度が低下すると、腎臓におけるカルシウムの再吸収が抑制される。
  (4) カルシウム濃度が上昇すると、副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌が促進される。
  (5) カルシウム濃度が上昇すると、骨吸収が促進される。


カルシウム代謝調節の問題ですので、カルシトニン、副甲状腺ホルモン(PTH)および活性型ビタミンDの3種類のホルモンの作用をしっかりと復習しておきましょう。少なくとも、血中カルシウム濃度はカルシトニンで低下し、副甲状腺ホルモンや活性型ビタミンDで上昇することは、必ず思い出しておく必要があります。

(1) 逆です。カルシトニンは血中カルシウム濃度を低下させるホルモンですので、血中カルシウム濃度が低下すると、カルシトニン分泌は抑制されます。

(2) 正文です。血中カルシウム濃度が低下すると、これを正常に戻すために副甲状腺から副甲状腺ホルモン(PTH)が分泌されます。副甲状腺ホルモンは、ビタミンDの活性型ビタミンDへの変換を促進することにより、小腸におけるカルシウムの吸収を高め、血中カルシウム濃度を高めます。

(3) 逆です。血中カルシウム濃度が低下すると、これを正常に戻すために副甲状腺から副甲状腺ホルモン(PTH)が分泌されます。副甲状腺ホルモンは、腎臓におけるカルシウムの再吸収を促進し、血中カルシウム濃度を維持します。

(4) 逆です。血中カルシウム濃度が上昇すると、副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌は抑制されます。副甲状腺ホルモンは血中カルシウム濃度を上げるホルモンであることがわかれば、間違えないと思います。

(5) 逆です。血中カルシウム濃度が上昇すると、副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌は抑制され、カルシトニンの分泌は亢進します。前者は骨吸収を促進し、後者は骨吸収を抑制します。よって骨吸収は抑制されます。「骨吸収」という言葉が、骨からカルシウムを溶かし出して血中カルシウム濃度を上げることを意味することが分かっていれば、ホルモンの作用とは関係なく、誤文だと判断できると思います。




答えは(2)です。

第32回管理栄養士国家試験 問題77 平成30年3月4日(日)
第32回管理栄養士国家試験 問題77 平成30年3月4日(日)

77 脂質の体内代謝と臓器間輸送に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  (1) ホルモン感受性リパーゼは、食後に活性化される。
  (2) カイロミクロンは、門脈経由で肝臓に運ばれる。
  (3) リポたんぱく質は、粒子の外側に疎水成分をもつ。
  (4) LDLの主なアポたんぱく質は、アポA1である。
  (5) ケトン体は、脳でエネルギー源として利用される。



(1) ホルモン感受性リパーゼは、脂肪組織に蓄えられたトリアシルグリセロールを加水分解する酵素です。加水分解によって生じた脂肪酸は血流によって全身に運ばれ、エネルギー源として使われます。つまり、ホルモン感受性リパーゼの活性が上がるときは、エネルギー源が必要な時=空腹時(低血糖時)ということになります。したがって、食後ではなく、空腹時に活性化されます。もちろん、グルカゴンやアドレナリンで活性化され、インスリンで抑制されることも思い出しておく必要があります。

(2) 門脈経由ではありません。小腸絨毛内のリンパ管(乳糜管)→リンパ管→左鎖骨下静脈といった経路で、血流に入ります。

(3) リポたんぱく質の粒子の外部には、疎水成分ではなく、親水成分をもちます。そもそもリポたんぱく質とは何かがわかっていれば、簡単な問題です。水に溶けない脂質を血液やリンパ液の乗せて運ぶためのカプセルのようなものですから、表層部のリン脂質は疎水性の部分を内側の脂質に向け、親水性の部分を外の血液やリンパ液の方に向けています。アポたんぱく質も同様です。

(4) アポA1ではなく、アポB-100です。ここまで覚えていれば言うことはありませんが、もしも忘れてしまっても、自信をもって(5)が正文だとわかれば、この問題はクリアできることと思います。

(5) アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸などのケトン体は、筋肉や飢餓時の脳でエネルギー源として使われます。よって正文です。




答えは(5)です。

第32回管理栄養士国家試験 問題75 平成30年3月4日(日)
第32回管理栄養士国家試験 問題75 平成30年3月4日(日)

75 血糖とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  (1)グルコースの筋肉組織への取込は、インスリンにより促進される。
  (2)グルカゴンは、筋肉グリコーゲンの分解を促進する。
  (3)組織重量当たりのグリコーゲン量は、肝臓より筋肉の方が多い。
  (4)コリ回路では、アミノ酸からグルコースが産生される。
  (5)脂肪酸は、糖新生の材料として利用される。



(1) 正文です。筋細胞にインスリンが作用すると、筋細胞内へのグルコースの輸送が促進され、血糖値が低下します。このとき、筋細胞膜においてグルコース輸送担体「GLUT4」が増加することにより、グルコースの取込が促進されます。

(2) グルカゴンは筋細胞ではなく肝細胞に作用して、肝グリコーゲンの分解を促進します。このことと関連して、グリコーゲンの分解は加リン酸分解であることを思い出しておきましょう。また筋組織には、グルコース 6-ホスファターゼが存在しないため、グリコーゲンからグルコースを作ることができず、したがって血糖を補うこともできない点も、思い出しておきましょう。

(3) 逆です。筋肉よりも肝臓の方がグリコーゲン含有率が高いので、組織重量当たりでは肝臓の方がグリコーゲン量が多いことになります。ただし、肝臓よりも筋肉の方が総重量が大きいため、総量で考えると肝臓よりも筋肉の方が、グリコーゲン量が多いことになります。「組織重量当たり」なのか、「総量」なのか、しっかりと見極めましょう。

(4) コリ回路では、アミノ酸ではなく乳酸からグルコースが産生されます。筋肉で無酸素運動によって生じた乳酸は、血液を介して肝臓に入り、肝臓でグルコースに変換され、再び血液を介して筋肉に運ばれる・・・・・これがコリ回路です。国試では比較的良く出題されますので、しっかりと覚えておきましょう。

(5) 脂肪酸からはグルコースが作れらません。つまり脂肪酸は糖新生の材料にはなりません。これも国試に頻出しますので、しっかりと覚えておきましょう。短鎖だろうが中鎖だろうが長鎖だろうが、脂肪酸からはグルコースは作られません。筋細胞だろうが肝細胞だろうが、脂肪酸から糖新生はできません。また、脂肪酸のβ酸化によってできるアセチルCoAもやはり糖新生の材料になりません。「脂肪酸やアセチルCoAは糖新生の材料にならない」ことを、しっかりと覚えておきましょう。




答えは(1)です。