第27回 管理栄養士国家試験問題 問題24
第27回管理栄養士国家試験  平成25年3月17日(日)


問題24 たんぱく質の代謝・機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) ユビキチンは、たんぱく質の合成酵素である。
 (2) オートファジー(autophagy)は、たんぱく質の二次構造を構築する作用である。
 (3) ミオグロビンは、筋収縮たんぱく質である。
 (4) アミノ酸のアミノ基は、身体活動のためのエネルギー源となる。
 (5) Gたんぱく質(GTP結合たんぱく質)は、アドレナリン(エピネフリン)の作用発現に関与する。



この問題は難しいので、余力の乏しい人は後回しにしてもいいと思います。

(1) ユビキチンは、たんぱく質の分解に関与するたんぱく質です。

(2) オートファジーは、細胞内の不要なタンパク質を分解する作用です。

(3) ミオグロビンは、筋収縮に直接には関わりません。酸素を貯蔵する色素たんぱく質です。

(4) アミノ酸のアミノ基はエネルギー源にはならず、主として尿素として体外へ排出されます。

(5) 正文です。アドレナリンがアドレナリン受容体に結合することにより、セカンドメッセンジャーであるcAMP(環状AMP)の細胞内濃度が上昇します。このプロセスにGたんぱく質が関与しています。


答えは(5)です。

学習のポイント:国試頻出項目の確認が終わったら、その他のたんぱく質についての幅広い知識を養うように努めましょう。