第28回管理栄養士国家試験 問題85 平成26年3月23日(日)
第28回管理栄養士国家試験 問題85 平成26年3月23日(日)

85 ビタミンに関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

 (1) ビタミンAは、血液凝固因子の活性化に必要である。
 (2) ビタミンEは、腸内細菌によって合成される。
 (3) ビタミンB1は、アセチルCoAの構成成分である。
 (4) ナイアシンの必要量は、たんぱく質摂取量の影響を受ける。
 (5) ビタミンCは、コラーゲンの生成に必要である。




(1) 血液凝固因子の活性化に関わるのは、ビタミンAではなくビタミンKです。

(2) 腸内細菌で合成されるビタミンは、脂溶性ビタミンではビタミンK、水溶性ビタミンではビタミンB6、パントテン酸、ビオチンなどです。「抗生物質の長期連用では、ビタミンK不足を来たしやすい」ことは思い出しておきましょう。

(3) アセチルCoAやCoA(補酵素A)の構成成分となっているビタミンは、ビタミンB1ではなく、パントテン酸です。

(4) ナイアシンは、トリプトファンから生合成されます。そのためナイアシンの必要量は、たんぱく質の摂取量や摂取たんぱく質のアミノ酸組成などの影響を受けます。標準的にはたんぱく質量の約1%がトリプトファンで、その1/60の量のナイアシンが体内で生合成されると考えられます。

(5) 正文です。これは絶対に覚えておきたい項目です。ビタミンCはコラーゲン分子中のリシン残基やプロリン残基をヒドロキシリシン残基やヒドロキシプロリン残基に変換するために必要とされます。


答えは(4)と(5)です。