第23回 管理栄養士国家試験問題 問題23
第23回 管理栄養士国家試験問題(平成21年3月22日)

問題23 糖質の構造に関する記述である。正しいのはどれか。
 (1)デオキシリボースは、6個の炭素原子をもつ。
 (2)L-ガラクトースは、ラクトースの構成要素のひとつである。
 (3)グリコーゲンは、α-1,6-グリコシド結合をもつ。
 (4)でんぷんは、β-1,4-グリコシド結合をもつ。
 (5)ヒアルロン酸は、硫酸基をもつ。



答えは(3)です。

(1) これは瞬時に誤文と見抜きましょう。リボースやデオキシリボースは、代表的な五炭糖(ペントース)ですので、炭素数は5個です。

(2) ガラクトースは確かにラクトース(乳糖)の構成糖ですが、L体ではなくD体です。かなり意地悪な問題ですが、次の(3)が正文であることに気付けば、引っかかりにくいと思います。

(3) 明らかな正文です。グリコーゲンはアミロペクチン同様、α-1,4-グリコシド結合ならびにα-1,6-グリコシド結合を有しています。

(4) これは明らかな誤文です。でんぷん分子にはα-1,4-グリコシド結合およびα-1,6-グリコシド結合は認められますが、β-1,4-グリコシド結合は認められません。

(5) ヒアルロン酸は、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸から構成されており、どこにも硫酸基は存在しません。コンドロイチン硫酸などと勘違いしないようにしましょう。この問題は少し難しいかもしれませんが、(3)が明らかな正文であることがわかれば、迷わずに済みますね。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック