ツバメの巣に想う
今年も大学の図書館前にツバメが巣をつくりました。以前から2羽の親ツバメが、せっせと餌を運んでいる姿が見られましたが、そのかいあってヒナも相当大きくなったようです。

過去には、カラスに巣を壊されたこともありましたが、カラスよけの‘ひも’の効果もあり、今年は大丈夫のようです。写真のように、小さな巣が5羽の若鳥でいっぱいになっています。この様子だと、巣立ちの日も近いことでしょう。

そんなことを考えながら、今年の4月に入学した1年生の皆さんが、4年後にこの大学から巣立っていく日を連想するのは、少し気が早すぎるでしょうか。

ツバメの巣
テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック