第25回 管理栄養士国家試験問題 問題36
36 消化管ホルモンに関する記述である。正しいのはどれか。

 (1) セクレチンは、胃酸分泌を促進する。
 (2) ソマトスタチンは、胆のう収縮を促進する。
 (3) コレシストキニンは、膵酵素の分泌を促進する。
 (4) ガストリンは、空腸のS細胞から分泌される。
 (5) インクレチンは、インスリン分泌を抑制する。


消化管ホルモンは、毎年国家試験に出題される項目です。ガストリン、セクレチン、コレシストキニンなどの分泌器官、標的器官ならびに作用については、しっかりと覚えておきましょう。

(1) セクレチンは、十二指腸や空腸の粘膜にあるS細胞から分泌され、膵臓に作用して膵液の分泌を促進します。また、胃に対しては胃酸分泌を抑制する働きを示します。よって誤文です。

(2) ソマトスタチンは、膵臓のランゲルハンス島や消化管などから分泌されるホルモンで、各種ホルモンの分泌を抑制する働きがあります。胆のう収縮作用は知られていません。(胆のう収縮を促進するホルモンは、コレシストキニンです。)よって誤文です。

(3) コレシストキニンは、十二指腸や空腸の粘膜にあるI細胞から分泌され、膵臓に作用して膵酵素の分泌を促進します。また、胆のうに働いて、その収縮を促します。したがって正文です。

(4) ガストリンは、胃粘膜のG細胞から分泌され、胃の壁細胞に作用して胃酸の分泌を促進します。よって誤文です。ちなみにS細胞から分泌されるのは、(1)のセクレチンです。

(5) インクレチンは小腸から分泌されるホルモンで、インスリン分泌を促進します。よって誤文です。インクレチンは、糖尿病治療薬として注目を集めています。


答えは(3)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック