第25回 管理栄養士国家試験問題 問題47
47 ビタミンK依存性凝固因子である。正しいのはどれか。

 (1) 第Ⅰ因子
 (2) 第Ⅴ因子
 (3) 第Ⅶ因子
 (4) 第Ⅷ因子
 (5) 第Ⅺ因子

 血液凝固因子の中で、ビタミンKを必要とするものは、第Ⅱ因子、第Ⅶ因子、第Ⅸ因子ならびに第Ⅹ因子です。これらの因子は、その分子内のグルタミン酸がビタミンK依存的にγ-カルボキシグルタミン酸に変換されることによって、機能性の分子となります。そのため、ビタミンK依存性凝固因子と呼ばれます。
 なかなか覚えられない場合は、語呂合わせで「肉納豆(2・9・7・10)にはビタミンK」などと覚えるのもいいかもしれません。(実際に納豆にはビタミンKが豊富ですが・・・。)


答えは(3)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック