第22回 管理栄養士国家試験問題 問題24
第22回管理栄養士国家試験  平成20年3月23日(日)

24 生体エネルギーに関する記述である。正しいのはどれか。

 (1) AMPは、高エネルギーリン酸結合を持つ。
 (2) 電子の受容は酸化と呼ばれる。
 (3) 酸化的リン酸化によるATPの合成は、細胞質ゾルで進行する。
 (4) ホスホクレアチン(クレアチンリン酸)の高エネルギー結合は、 ATP生成に利用される。
 (5) 電子伝達系を伝達される電子は、最終的に水素に移る。


(1) ATP(アデノシン三リン酸)やADP(アデノシン二リン酸)は、高エネルギーリン酸結合をもちますが、AMP(アデノシン一リン酸)にはありません。誤文です。

(2) 酸化反応とは、酸素を受け取る(酸素と化合する)場合や水素や電子を失う反応を意味します。還元反応は、逆に酸素を失ったり水素や電子を受容する反応を意味します。よって誤文です。

(3) 酸化的リン酸化によるATPの合成は確かに細胞質で起こりますが、細胞質ゾルではなくミトコンドリア内で進行する化学反応です。よって誤文です。「電子伝達系(水素伝達系)や酸化的リン酸化によるATP合成はミトコンドリア内で進行する」ことは基本ですので、必ず覚えておきましょう。

(4) 正文です。ホスホクレアチン(クレアチンリン酸の呼称の方が一般的な気がします)は、高エネルギーリン酸結合をもっており、その加水分解と共役してADPとリン酸からATPが合成されます。運動生理学などで次のように習う(習った)と思います。「運動のためのエネルギーは、まず筋細胞中のATPが使われ、次いでクレアチンリン酸(CP)の加水分解により、ATPが再合成される。このエネルギー供給系は、ATP-CP系と呼ばれる。」

(5) 電子伝達系を伝達される電子は、最終的に水素ではなく酸素に受け渡されて水を生じます。よって誤文です。



答えは(4)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック