第22回 管理栄養士国家試験問題 問題26
第22回管理栄養士国家試験  平成20年3月23日(日)

26 糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

 (1) 解糖系では、グルコースからガラクトース-6-リン酸が生成される。
 (2) ピルビン酸の乳酸への還元には、NADPHが用いられる。
 (3) ピルビン酸脱水素酵素は、ビタミンB6を補酵素とする。
 (4) 骨格筋には、グルコース-6-ホスファターゼが存在する。
 (5) ペントースリン酸回路では、リボース 5-リン酸が生成される。


(1) 解糖系においては、グルコースからグルコース 6-リン酸やフルクトース 6-リン酸はできますが、ガラクトース 6-リン酸は生じません。よって誤文です。

(2) ピルビン酸の乳酸への還元には、NADPHではなくNADHが用いられます。よって誤文です。ちなみにこの化学反応は、乳酸を産生するための反応ではなく、NADHの酸化により解糖系に必要なNAD+を産生するための反応と考えられます。

(3) ピルビン酸脱水素酵素(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ)は、チアミンピロリン酸を必要とする酵素です。すなわち、ビタミンB6ではなくビタミンB1を補酵素としています。よって誤文です。

(4) グリコーゲンの加リン酸分解により生じたグルコース 1-リン酸は、ホスホグルコムターゼの作用によってグルコース 6-リン酸に変換されます。このグルコース 6-リン酸は、肝臓や腎臓ではグルコース 6-ホスファターゼによってグルコースに変換され血中に供給されますが、その他の組織ではグルコース 6-ホスファターゼがないため、グルコースは生じません。したがって誤文です。骨格筋では、筋細胞中のグリコーゲンの分解により生じたグルコース 6-リン酸は解糖系に入り、筋収縮のエネルギーとして供給されます。

(5) 正文です。ペントースリン酸回路の主な役割は、脂肪酸やコレステロール合成のために必要なNADPHを産生することと、核酸の合成に必要とされるリボース 5-リン酸を供給することです。



答えは(5)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック