第25回 管理栄養士国家試験問題(追加試験) 問題85
第25回管理栄養士国家試験(追加試験,平成23年7月31日)
基礎栄養学

85 ビタミンに関する記述である。正しいのはどれか。
 (1) ビタミンB2を大量に摂取すると、口唇炎がおこる。
 (2) 有酸素運動量が多いと、ナイアシンの必要量が増加する。
 (3) ナイアシンを大量に摂取しても、過剰症はおこらない。
 (4) ビタミンCを大量に摂取すると、ビタミンEの必要量が増加する。
 (5) カルシウムの摂取量が多いと、ビタミンDの必要量が増加する。




答えは(2)です。

(1) これは、全く逆です。ビタミンB2(リボフラビン)が不足すると、口唇炎や口角炎などの症状がおこります。よって誤文です。

(2) 有酸素運動では、TCAサイクルが活発に機能します。このときNAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が必要となりますので、その構成成分であるナイアシン(ニコチン酸)の必要量が増加すると考えられます。よって正文です。また、ピルビン酸をアセチルCoAに変換してTCAサイクルに供給するピルビン酸デヒドロゲナーゼは、チアミンピロリン酸を補酵素としますので、ビタミンB1の必要量も増加します。

(3) 一般に水溶性ビタミンは過剰症を生じません。そのため、一見正文のようにも思えます。しかし、ナイアシンの過剰症として、頭痛、吐き気、下痢などの症状が報告されていますので、誤文と判断します。

(4) ビタミンCとビタミンEは、いずれも抗酸化性を示すビタミンで、相互に補い合うと考えられています。そのため、ビタミンCを大量に摂取すると、ビタミンEの必要量は抑えられると考えられます。よって誤文です。

(5) 血中カルシウム濃度が低下すると、腎臓からの活性型ビタミンDの分泌が促され、小腸におけるカルシウムの吸収効率を上げるように働きます。そのためビタミンDの必要量が増します。しかし、カルシウムの摂取量が多いと、一般的には血中カルシウム濃度が高まる方向にシフトしますので、ビタミンDの必要量は少なくなると考えられます。よって誤文です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック