栄養士実力認定試験 平成23年度 問題16
栄養士実力認定試験 平成23年度 (平成23年12月11日)

問題16 ヒトの細胞膜の構造と機能についての記述である。正しいのはどれか。

 (1)細胞膜の主成分は、トリアシルグリセロールである。
 (2)細胞膜は、脂質三重膜構造をもつ。
 (3)カルシウムイオンは、細胞膜を自由に通過することができる。
 (4)インスリンは、細胞膜に存在する特異的な受容体に結合する。
 (5)ゲルコースは、エンドサイトーシスによって細胞内に取り込まれる。



(1) 細胞膜の主成分は、リン脂質とたんぱく質です。

(2) 細胞膜の基本構造は、リン脂質の二重層です。三重ではありません。

(3) イオンのように電荷をもった物質は、細胞膜を自由に通過できません。カルシウムチャネル(カルシウムチャンネル)やカルシウムポンプという特殊な通路を通って出入りします。

(4) 正文です。

(5) エンドサイトーシスは、巨大な粒子を細胞内に取り込むときの輸送様式です。グルコースの場合は、GLUTなどの輸送担体によって取り込まれます。


答え (4)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック