第26回 管理栄養士国家試験問題 問題80
第26回管理栄養士国家試験  平成24年3月18日(日)
基礎栄養学

80 糖質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) 脳には、クエン酸回路は存在しない。
 (2) 脳は、糖新生で生成したグルコースを利用できない。
 (3) 筋肉グリコーゲンは、嫌気的代謝に利用できない。
 (4) 筋肉グリコーゲンは、グルコースとなって血中に放出される。
 (5) 血中の乳酸は、肝臓でグルコースに変換される。





(1) × 脳を構成する細胞にも、クエン酸回路は存在します。赤血球と混同しないように注意しましょう。

(2) × 不思議な誤文です。どのように供給されたグルコースであっても、脳での利用は可能です。

(3) × グリコーゲンは加リン酸分解された後、解糖系によって嫌気的に代謝されます。

(4) × 筋肉にはグルコース-6-ホスファターゼが存在しないため、グルコースへの変換ができません。肝臓や腎臓では、この酵素が存在するため、グリコーゲンからグルコースを生成することが可能です。

(5) ○ 筋肉の無酸素運動によって発生した乳酸は、血流に乗って肝臓に運ばれ、グルコースに再変換されて再び筋肉での運動に使われます。この「コリ回路」は必ず覚えておきましょう。



答えは(5)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック