第26回 管理栄養士国家試験問題 問題86
第26回管理栄養士国家試験  平成24年3月18日(日)
基礎栄養学

86 脂溶性ビタミンの代謝と栄養学的機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) 活性型ビタミンDの生成は、副甲状腺ホルモン(PTH)により抑制される。
 (2) 活性型ビタミンDは、核内受容体に結合して作用する。
 (3) ビタミンAの欠乏では、溶血性貧血が起こる。
 (4) ビタミンEの過剰では、頭蓋内圧が亢進する。
 (5) ビタミンKの欠乏では、血液が凝固しやすくなる。




(1) × 活性型ビタミンDの生成は、副甲状腺ホルモンにより促進されます。

(2) ○ 活性型ビタミンDやビタミンAは、核内受容体に結合して作用します。活性型ビタミンDは、核内受容体に作用して、カルビンディンなどの遺伝子発現を促進し、小腸におけるカルシウム吸収を高めます。

(3) × ビタミンAではなく、ビタミンEの欠乏で溶血性貧血を来たします。

(4) × ビタミンEではなく、ビタミンAの過剰で頭蓋内圧の亢進を来たします。

(5) × ビタミンKが欠乏すると、血液が凝固しにくくなります。




答えは(2)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック