栄養士実力認定試験 平成24年度 問題18
平成24年12月9日(日) 第9回栄養士実力認定試験


問題18 糖質についての記述である。正しいのはどれか。
 (1) グルコースおよびフルクトースは、五炭糖(ペントース)である。
 (2) フルクトースは、アルドースである。
 (3) マルトースは、グルコース2分子からなる。
 (4) アミロースは、β-1,4-グリコシド結合をもつ。
 (5) アミロペクチンの枝分かれは、グリコーゲンより多い。





(1) グルコースやフルクトースは、炭素数が6の六炭糖(ヘキソース)です。これは基本です。

(2) フルクトースはケトン基をもつケトースです。管理栄養士養成課程の学びの中で出てくるケトースは、フルクトースとジヒドロキシアセトンくらいですので、これは覚えておきましょう。

(3) 正文です。グルコース2分子が、α-1,4グリコシド結合で脱水縮合しています。

(4) アミロースはグルコースがα-1,4グリコシド結合で連結した分子です。βではありません。

(5) 逆です。グリコーゲンの方がアミロペクチンよりも枝分かれが多いため、網状を呈します。




答えは(3)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック