平成25年度栄養士実力認定試験 問題18  平成25年12月8日(日)
問題18 酵素についての記述である。正しいのはどれか。

 (1) 律速酵素とは、その反応系で最も反応速度の速い酵素である。
 (2) 乳糖不耐症は、マルターゼの活性低下によって起こる。
 (3) 酵素中の金属イオンを、補酵素という。
 (4) 酵素は、化学反応の活性化エネルギーを低下させる。
 (5) 酵素は、核酸からできている。




(1) 律速酵素は、一連の反応の中で最も遅い反応を触媒する酵素です。管理栄養士国家試験にも頻出する項目です。しっかりと覚えておきましょう。

(2) マルターゼではなくラクターゼです。乳糖はラクトース、マルトースは麦芽糖です。

(3) 補酵素は、ビタミンB群などのような有機化合物を指します。金属イオンのような無機物質は含みません。

(4) 正文です。これも管理栄養士国家試験に頻出する項目ですので、しっかりと覚えておきましょう。

(5) 酵素の化学的本体はたんぱく質です。スプライシングで働くリボザイムのように、核酸が酵素作用を示す例もありますが、(4)のような完璧な正文があるときには迷わず(4)を選びましょう。(出題ミスとまでは言えませんが、少し危ない誤文です。)




答えは(4)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック