第28回管理栄養士国家試験 問題21 平成26年3月23日(日)
第28回管理栄養士国家試験  平成26年3月23日(日)

問題21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。lつ選べ。
 (1) 細胞膜は、リン脂質の二重層からなる。
 (2) 赤血球には、ミトコンドリアが存在する。
 (3) リソソームでは、たんぱく質の合成が行われる。
 (4) 滑面小胞体では、グリコーゲン合成が行われる。
 (5) iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、受精卵を使用する



この問題では、(1)がわかりやすい正文ですので、これを間違いなく選びましょう。そうすれば、(5)のようなこれまでに出題されたことのない誤文にも、惑わされることはないと思います。

(1) 基本的な正文です。細胞膜の基本構造はリン脂質二重層で、たんぱく質やコレステロールも含みます。必ず覚えておきましょう。

(2) 赤血球にはミトコンドリアがありません。そのため、解糖系によってエネルギーをまかなっています。

(3) リソソームではなく、リボソームです。

(4) グリコーゲンの合成は、細胞質ゾルで行われます。

(5) iPS細胞は、心筋細胞や神経細胞その他の種々の細胞への分化能を有する培養細胞です。体細胞に数種の遺伝子を人工的に導入することにより、作製されました。受精卵はもともと、すべての細胞に分化しうる全能性の細胞であることに気づけば、簡単に誤文と判定できます。


答えは(1)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック