平成27年度 栄養士実力認定試験 問題43  平成27年12月13日(日)
平成27年度 栄養士実力認定試験 問題43  平成27年12月13日(日)

問題43 たんぱく質とアミノ酸についての記述である。正しいのはどれか。
 (1) ヒトの体たんぱく質を構成するアミノ酸は、9種類である。
 (2) アラニンは、必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)である。
 (3) たんぱく質に脂質が結合している複合たんぱく質を、リンたんぱく質という。
 (4) コラーゲンは、酵素たんぱく質に分類される。
 (5) たんぱく質を構成するアミノ酸の配列順序を、一次構造という。


(1) ヒトの体たんぱく質を構成する普通のアミノ酸は、20種類です。さらにヒドロキシプロリンやγ-カルボキシグルタミン酸などの特殊なアミノ酸を加えると、その種類はさらに増えます。いずれにせよ9種類ではありません。

(2) 必須アミノ酸を覚えておけば、簡単にわかりますね。アラニンは非必須アミノ酸です。

(3) リンたんぱく質ではなく、リポたんぱく質です。

(4) コラーゲンは、酵素たんぱく質ではなく構造たんぱく質です。筋肉、骨、皮膚などに豊富に含まれ、生体の構造を支える働きをしています。

(5) 正文です。そのまま覚えておきましょう。




答えは(5)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック