平成28年度 栄養士実力認定試験 問題17  平成28年12月11日(日)
平成28年度 栄養士実力認定試験 問題17  平成28年12月11日(日)

問題17 アミノ酸とたんぱく質の構造についての記述である。正しいのはどれか。
 (1) メチオニンは、芳香族アミノ酸である。
 (2) グリシンには、光学異性体であるD型とL型がある。
 (3) たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸は、β-アミノ酸である。
 (4) たんぱく質の一次構造とは、アミノ酸の配列順序のことである。
 (5) たんぱく質の変性は、たんぱく質の一次構造の分解によって生じる。



この問題では、(2)や(3)が少しやっかいですので、できれば自信をもって(4)を正文として選びたいところです。たんぱく質の一次構造~四次構造の概要は理解しておきましょう。

(1) メチオニンは硫黄原子を含む含硫アミノ酸です。芳香族環はもっていません。

(2) 通常アミノ酸には、D型(D体)とL型(L体)の光学異性体が存在します。しかしグリシンは側鎖がHなので、光学異性体が存在しません。やや難問だと思います。

(3) β-アミノ酸ではなく、α-アミノ酸です。α-アミノ酸とは、カルボキシ基が結合している炭素にアミノ基が結合しているアミノ酸のことを指します。

(4) 基本です。そのまま覚えておきましょう。

(5) 変性とは、たんぱく質の二次構造以上の高次構造に(不可逆的な)変化が生じ、その立体構造が壊れて元のたんぱく質とは性質が変化する状態を指します。一次構造は不変です。一次構造の分解は、変性ではなく加水分解によって生じます。




答えは(4)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック