平成28年度 栄養士実力認定試験 問題19  平成28年12月11日(日)
平成28年度 栄養士実力認定試験 問題19  平成28年12月11日(日)

問題19 脂質についての記述である。正しいのはどれか。
 (1) オレイン酸は、必須脂肪酸である。
 (2) アラキドン酸は、多価不飽和脂肪酸である。
 (3) リノール酸は、n-9系の必須脂肪酸である。
 (4) 脂肪酸とグリセロールの結合をグリコシド結合という。
 (5) ホスファチジルコリンは、構成成分に糖を含む複合脂質である。



(1) オレイン酸は、生体内で合成可能な非必須脂肪酸です。必須脂肪酸を覚えておけば、間違わないですね。

(2) アラキドン酸は、その炭化水素鎖内に二重結合を4つもっています。炭化水素鎖内の二重結合の数が2つ以上の脂肪酸を多価不飽和脂肪酸といいますので、正文です。

(3) リノール酸は、ω6位(炭化水素鎖のメチル基のある末端から6番目の炭素)に二重結合をもつ、n-6系の必須脂肪酸です。n-9系ではありません。

(4) アシルグリセロールの脂肪酸とグリセロールの結合は、エステル結合です。グシコシド結合は、糖(炭水化物)でみられる脱水縮合による結合です。

(5) ホスファチジルコリンの構成成分は、グリセロール、脂肪酸、リン酸およびコリンです。糖は含まれていません。




答えは(2)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック