第31回管理栄養士国家試験 問題21 平成29年3月19日(日)
21 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 (1) 律速酵素は、代謝経路で最も速い反応に関与する。
 (2) Km値は、反応速度が最大反応速度の1/4に達するのに必要な基質濃度である。
 (3) 反応速度は、至適pHで最小となる。
 (4) ペプチダーゼは、二つの基質を結合させる酵素である。
 (5) アロステリック酵素の反応曲線は、S字状(シグモイド)である。




この問題では、(5)の選択肢が過去問にない内容であり、正誤の判定が難しいと思います。(1)~(4)を誤文と判定し、削除法で解くのが良策かもしれません。

(1) 律速酵素とは、ある代謝経路の中で最も「速い」ではなく「遅い」反応を触媒する酵素のことです。国試頻出項目ですので、必ず覚えましょう。

(2) Km値(ミカエリス定数)とは、反応速度が最大反応速度(Vmax)の1/2となる基質濃度を示します。1/4ではありません。ついでにKm値(ミカエリス定数)が小さいほど、酵素と基質の親和性が大きいということも覚えておきましょう。

(3) これは明らかな誤文ですね。至適pHでは酵素反応速度が最大となります。

(4) 誤文です。ペプチダーゼとは、ペプチドを加水分解する酵素ですので、何かと何かを結合させる酵素ではありません。

(5) 正文ですが、しっかり説明しようとすると大変長くなってしまい、「国試問題を簡単に解説する」という趣旨から外れてしまいます。そのため、簡略な説明にとどめさせていただきます。まずアロステリック酵素とは何かを思い出しましょう。基質結合部位とは異なる(allo)部位にリガンドが結合することにより、酵素の立体構造(steric)が変化し、酵素活性が変化する酵素のことをアロステリック酵素といいます。アロステリック酵素の場合、横軸に基質濃度、縦軸に反応初速度をとってプロットすると、一般にシグモイド(S字状の)曲線になります。これは、生体内における酵素活性の調節に好都合な性質と解釈されています。説明の意味がわかりにくい人は、「アロステリック酵素 → シグモイド曲線」と丸暗記しておきましょう。また、この問題の正誤の判別とは直接関係ありませんが、「アロステリック酵素では、基質結合部位とは別の部位にリガンドが結合することによって、酵素活性が変化する」ということは、しっかりと覚えておきましょう。




答えは(5)です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック