健康栄養学科の実験用機器類の紹介(4)
今日、紹介する機械は、高速液体クロマトグラフです。英語では、High Performance-Liquid Chromatographといいます。しばしば頭文字を取って、HPLCと略称されます。あるいは、単に液クロとも呼ばれます。

ビタミン類や色素、ポリフェノールなどの物質を、短時間で精度よく分離したり定量したりするために使用されます。

写真の上の機械は、実験実習館2階の精密機械室に設置されており、3年次の生化学実験Ⅱで使用します。汎用機なので、使い方は比較的簡単です。生化学実験では、ビタミンC(アスコルビン酸)の定量を行う予定です。もしかすると、ベータカロテンやクロロフィルの分析も行うかもしれません。

写真の下の機械は、八十周年館の生化学実験室に設置されています。パソコン制御で、より高度な実験に対応しますが、その分、使い方は少し難しくなります。将来、卒業研究で使うかもしれません。そのうち、アドバンストセミナーでも使ってもらうかもしれません。

HPLC(2種)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック