管理栄養士国家試験の合格率
健康栄養学科は、まだ開設からようやく1か月ですので、管理栄養士の国家試験はまだまだ先です。
でも、早いうちから国家試験についての知識を持っておくことは大切なことです。

下のグラフは、入試難度(すなわち大学のランク)と国家試験合格率との関係を示したものです。ランクの高い大学は、やはり合格率が全体的に高いようですが、一方、中程度から下の方を眺めていくと、面白いことに気づきます。

すなわち、国家試験の合格率は入試難度にかかわらず、40%そこそこから100%近くまでの大きなばらつきがあります。このことは何を意味しているのでしょうか?

つまり管理栄養士国家試験の合格率は、大学に入ってからの努力・頑張りや、国家試験に向けた勉強の仕方、大学での指導法などにより、大きく左右されることを示唆しています。

駒沢女子大学の健康栄養学科では、すでに国家試験準備方法の検討を開始し、皆さんの受験勉強をバックアップする準備を始めています。ぜひ目的をしっかりともって、その目的に向けていっしょに努力していけるよう頑張りましょう。

入試難度と合格率の相関

テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック